カルフォルニアK-9アカデミーNEWS(平成12年11月)

【ハワード ロドリゲス氏の犬の訓練について】

私は子供の頃から何時も犬と生活をしていました。犬の訓練も犬達と一緒にいる事も私の人生の一部でした。訓練について話す前に考えていただきたい事があります。それは「犬を擬人化しないで下さい」と申し上げたい。人間は人として扱って欲しいように、犬も犬として扱って欲しいと思っています。「訓練・しつけ」は栄養と別物ではなく表裏一体である事です。犬の訓練を考えるならば、同時に栄養も十分に考慮すべきです。日本のペット事情はアメリカより40年は遅れていると思います。犬をトレーニングする事は人間の子供に躾けるのと同じぐらい重要です。私は日本にトレーナーの指導で3回程日本に来ましたが、その時見た日本のトレーニング スクールは綺麗なスクールが非常に少なかった事と閉鎖的に感じました。また、ワールド大会などで日本のトレーニングスタイルを見ても体罰が非常に多かった事を覚えています。日本のトレーニングスタイルは自分が望む事を命令で犬に要求していました。私は犬がトレーナーやオーナーを注目していたい犬にする事が一番大事な事だと思っています。それと最後にハンドラーとトレーナーは全く違う役割だと理解下さい。日本にはプロのトレーナーは数少ないのが事実です。


【カルフォルニア K-9 アカデミーの創立者 ハワード ロドリゲス氏のプロフィール】

ハワード氏は10歳の時から学業と仕事を両立しながら犬の知識を習得して行きました。フォデアイランドのロジャーウイリアムス大学在学中に全米で最大級のトレーニング スクールのヘッド トレ−ナーに18歳の時になり、その後全米のナショナルチーム トレーニング ディレクターに就任する。その後1年間に全米に32箇所のケンネル設立のヘッドスタッフとしてサポートしてきました。1980年に彼はマイアミとフォートラウンデールにコンチネンタルk−9アカデミーを設立して現在でも警察犬の訓練や警察署のトレーニング コーディネターとして「麻薬・爆破・オビディエンス・アジリティー防衛」のトレーニングを行っています。1983年にドイツにケンネルを設立して米国や世界中に優れたドイツの犬を輸入するための窓口になっております。1990年にカリフォルニア k−9 アカデミーを設立する。その後1996年にナチュラルバランスペットフード社のChief Executive Officer(最高経営責任者)に就任する。 彼は世界トップクラスのトレーナーとして、世界のメジャー大会で数多くのインターナショナル アワードを獲得しております。LA Times・People・Newsweek・suhuzhund・日本のNewsweek等に取上げられております。


【カルフォルニアK-9アカデミーのトレーニングコンセプト】

  • 犬の欲求心理である「食べる喜び・遊ぶ喜び」をトレ−ニングに活用して、犬を幸せな気持ちにして様々なトレーニングを行います。
  • オーナーが悩んでいる愛犬の「問題点」について、オーナーから話しを聞き、トレーニングによって問題点を解消して行くカウセリング方式です。(問題点には原因を引起す要因が必ずあります)
  • 人も犬も同じ様に集中力に限界があります。長時間レッスンを行っても全く無意味です。ペットの空腹時に短時間でトレーニングを行います。1回のレッスン10分程度で1日に何回かに分けて行うことがトレーニングとしては効果的です。

【家庭犬からプロ用護衛犬】など全てのトレーニングスクール

  • 家庭犬のトレーニング・サービスドックのトレーニング・コンパニオンドック・介護犬・護衛犬等の全てが出来ます。
  • オーナーとペットが定期的に同伴してトレーナーと一緒に行うトレーニングスクール
  • ペットをアカデミーに滞在させてトレーニングを行うスクール(オーナーの面会は何時でも自由です)
  • マナーを習得後、トレーナーの手から離れても、マナーが守れるようなトレーニングを行います。


家庭犬のトレーニング風景

護衛犬のトレーニング風景

ウルフのトレーニング風景

猫のトレーニング風景

室内をイメージしたトレーニングルーム

トリーミング ルーム


 
   
e-mail:info@profit-inc.co.jp
Copyright 2001Office Profit International, Inc. All rights reserved.