ナチュラルバランス製品改善の報告(平成13年3月)

お客様から愛犬の嗜好性とフード形状について、ご質問がありましたので ナチュラルバランスUSA本社に2月上旬に出向き、その検証及び改善内容を下記にご報告致します。

1・嗜好性について

現在、米国では愛犬の嗜好性を高めるために、NATURAL FLAVORの研究開発が日々行われております。  従来はNATURAL FLAVORをフード製造工程で他の成分と配合してフードを製造する事が主流に成っており ましたが、開発が進み昨年末からNATURAL FLAVORをパウダー状にして、フードを乾燥させる寸前でパウダ ーを散布する製造に変わってきております。直接掛ける事によってより嗜好性が高まる結果が米国ではデーター として出ております。しかし残念ながら日本の愛犬には成分は同じでもあまり好まなかった事と、パウダーを散 布する事で、そのパウダーが粉のように見える事でお客様に最近フードが粉っぽいと言う事もご意見としてお聞き しておりました。

 

《 嗜好性の今後の日本製品の改善策 》

日本製のフードは従来通りNATURAL FLAVORをフード製造工程で他の成分と一緒に配合してフードを製造する 事に致しました。そうする事で従来の嗜好性に戻る事と粉っぽい状態が軽減される事を改善策と致します。 米国NB社も特別に日本用として別工程にて製造をしていただく事を承諾致しました事をご報告致します。 随時、入荷いたしますフードは変更していきます。既に3・5ポンドは変更しております。

 

2・フード形状について

ナチュラルバランスフードを日本での販売も2年が経過いたしました。お蔭様でお客様より病気の改善や毛艶が 良くなった等のお手紙やお電話を頂いております。しかし、小型犬のお客様からナチュラルバランスを与えたいが 全犬種対応フードの為に、小型犬には多少フードが大きすぎるとご意見が多く寄せられておりました。 上記の件に付いては以前よりNB社に依頼しておりましたので、事前に研究実験をして頂いておりその結果を 報告致します。

 

《 フード形状に付いての今後の日本製品の改善策 》

製造工程でのベーキングの温度と時間を2工程にする事で現在のフードよりも小さくする事に成功致しました。 当然、【原材料・1粒当りの密度・可消化エネルギー86%】は全く変更はしておりませんのでご安心下さい。

 

3・フードの香りと色むらについて

ナチュラルバランスはオールナチュラルである為に、当然安定した色・香りを出す事が不可能な事です。  これは、米国にも当然四季があり、より新鮮な原材料を使用している為に収穫される場所と時期が四季によって 異なります。その結果フードの出来上がり状態で色むらや香りの違いが発生いたしますが問題はありません。 1・保存剤を使用した長期冷凍された原材料を使用していない事  2・遺伝子組換えの製品を使用して いない事などが一定の色・香りを保てない事の立証になりますのでご了承ください。



 
   
e-mail:info@profit-inc.co.jp
Copyright 2001Office Profit International, Inc. All rights reserved.