ナチュラルバランスペットフードのこだわりCOMMITMENT

オールブリードであること

オールブリードとは、犬種・猫種それぞれの年齢や大きさに関係なく対応したフードのことを表します。過去自然界の歴史において、犬・猫ともに幼年期や老年期と区別して捕食することはできませんでした。犬を例にあげると、成犬の時はチェイス(狩り)を行うため食べる量も多く、仔犬は柔らかい部位を食べ、老犬の場合は運動量も減ることから食べる量も減っていきます。
このように考えると、同じフードを柔らかくふやかしたり、食べる分量の調節を行うだけで、年齢で特別に成分を増やしたり、カロリーをあげたりする必要はないということです。また、同じ犬種でも飼育環境や活動量、体質などでも必要なエネルギーや栄養は変わってきます。
このようなことから、同じフードでも栄養バランスが保たれたフードを『与える量と回数を調節』することで幼年期から老年期まで対応することが理想的であると考えています。

ナチュラルバランスの全年齢対象フードはそれぞれに必要な栄養素と含有量をバランスよく配合しており、まさに理想的な自然食です。

※ファットドッグス、ファットキャッツ、ベジタリアン等一部例外のフードがございます。お気を付けくださいませ。

アレルギー対応フード

食物アレルギーは、同じ種類のタンパク質や炭水化物を摂取し続けることによって発症し、その60%は遺伝によるものだといわれています。

ナチュラルバランスでは、「これまでに食べたことない真新しいタンパク質と炭水化物をベースにしたフードを与える」ことを目的として、他社メーカーであまり取り扱いのない、タンパク質にダック・ベニソン(鹿肉)・ラム(羊肉)、炭水化物にはポテト・スウィートポテトを使用し、尚且つ食物アレルギーの原因となりやすい穀物類(白米・小麦・トウモロコシ等)を一切使用しないことで食物アレルギーに配慮しています。

アレルギーについて

ナチュラルバランスでは、食物アレルギーの原因となりやすい原材料を使用していない製品や、タンパク質や炭水化物を限定したLID成分限定食といったラインナップが多数あり、ペットオーナーにとっても選択肢が豊富であると考えます。

ダイエットについて

ホールボディヘルスよりもカロリーが低く、シニアにも対応した製品や肥満のペット向けの製品がラインナップとしてございます。カロリーを低くしているのはもちろんのこと、タンパク質を落としすぎないよう考え抜かれたファットドッグス、ファットキャッツもオススメ致します。

高たんぱくについて

ペットにとってタンパク質は非常に重要です。ハイプロテインシリーズはタンパク質を32%以上配合しており、筋肉の体内形成や免疫組織の健康維持のサポートはもちろんのこと、皮膚や被毛の健康維持にもオススメしています。また、食物アレルギー対応の成分限定食でもあります。

フードローテーション

食物アレルギー発症予防にもう一工夫

前述のように60%が遺伝によるもの、親が食べていたものが遺伝として子へと影響するものともいわれており、それらを避けるためにも、フードローテーションを提案させていただきます。また、成長段階においても食物アレルギーは、同じ種類のタンパク質・炭水化物を食べ続けることによっても発症してしまう恐れがあります。
ナチュラルバランスでは、予防効果を高めるためにも、タンパク質や炭水化物を1種類に限定せず8種類(アレルギー対応フード)を約半年間毎に切り替え、ローテーションすることをお勧めしております。どのフードから始めても構いません。