ナチュラルバランスペットフード診断(愛犬編)Dog food diagnosis

オリジナルウルトラホールボディヘルスドライフードの特徴

オールブリード(全年齢・全犬対応)であること

オールブリードとは、犬種それぞれの年齢や大きさに関係なく対応したフードのことを表します。過去自然界の歴史において、幼年期や老年期と区別して捕食することはできませんでした。例をあげると、成犬の時はチェイス(狩り)を行うため食べる量も多く、仔犬は柔らかい部位を食べ、老犬の場合は運動量も減ることから食べる量も減っていきます。 このように考えると、同じフードを柔らかくふやかしたり、食べる分量の調節を行うだけで、年齢で特別に成分を増やしたり、カロリーをあげたりする必要はないということです。また、同じ犬種でも飼育環境や活動量、体質などでも必要なエネルギーや栄養は変わってきます。 このようなこと考えても、同じフードでも栄養バランスが保たれたフードを『与える量と回数を調節』することで幼年期から老年期まで対応することが理想的であると考えられています。 ナチュラルバランスの全年齢対象フードはそれぞれに必要な栄養素と含有量をバランスよく配合しています。まさに理想的な自然食ともとらえることができると考えています。

※ファットドッグス、ファットキャッツ、ベジタリアン等一部例外のフードがございます。お気を付けくださいませ。

アレルギー予防のために3種類の蛋白質と炭水化物を使用

ウルトラプレミアムでは、アレルギー症を予防するために、3大栄養素である蛋白質(チキンミール・ダックミール・ラムミール)、炭水化物(玄米・オートミール・ポテト)、必須脂肪酸(キャノーラオイル・サーモンオイル・亜麻仁)にそれぞれ3種類の原材料を使用しています。3種類使用することによって、アレルギーの原因とされる蛋白質・炭水化物の原材料を分散させ食物アレルギーの発症を軽減することができ、遺伝性による食物アレルギー症を子供・孫の代へと抑えることができます。

尿路疾患予防であること

尿路疾患(尿石症、膀胱炎、尿道炎)の主な原因は、尿中のペーハー(pH)のバランスが崩れ尿がアルカリに傾くことによって起こりやすくなります。 ウルトラプレミアムフード及びリデュースカロリーには、希少価値の高いクランベリーが配合されています。このクランベリーは、尿を酸性にする働きを持つキナ酸が多く含まれています。キナ酸は体内で馬尿酸に変わり尿を酸性に保ち細菌の増殖を抑える働きをしますので、尿を酸性に保ち、尿路疾患の予防・改善に効果的です。(尿中pH6.5~6.7)しかし、日常与える水がアルカリ性の場合、尿中ペーハーがアルカリに傾きますので、水を購入して与えるときは注意が必要です。ナチュラルバランスでは水道水をお勧めしています。

ウルトラプレミアムリデュースカロリーの特徴

老犬に対応していること

愛犬は年齢を重ねるにつれて、活動量の低下、心臓をはじめ各種臓器の機能低下が起こってきます。リデュースカロリーは、このような体の変化に合わせて、まず三大栄養素である蛋白質・脂肪を抑えた成分構成のフードです。また、皮膚の状態を良好に保ち免疫機能を維持するために亜鉛、疲労時の補給や滋養強壮、目の老化予防にタウリン、甲状腺を活発にするケルプ、尿路疾患予防にクランベリー、心臓の働きを助け予防するLカルニチンなどを配合しています。

ダイエット効果抜群!!

リデュースとは”減量”という意味をもち、ウルトラプレミアムドライドッグフードに比べて100gあたり12%も低カロリーです。脂肪分は抑えられていますが、その他の栄養素(蛋白質や炭水化物など)はバランスよく配合していますので、老犬にも安心して与えることが出来ます。1日2回の食事を決めた時間に与えることでより効果を期待できます。

高タンパクフードハイプロテインシリーズとは

ペットにとってタンパク質は非常に重要です。

ナチュラルバランスのハイプロテインシリーズは、タンパク質が32%と通常製品よりも、高タンパクな成分限定食です。筋肉の体内形成や維持、皮膚や免疫組織等の体内バランスを整える手助けをするために、高品質なタンパク質を豊富に配合したシリーズとなっています。

フードのアレルギー試験方法

お客様がご自宅で簡単に出来る食物アレルギーの試験方法には、信頼性の高い「食物除去試験」という方法があります。具体的に説明しますと、今まで与えていたフードの主原料の中で疑わしいと思われるタンパク質・炭水化物を与えないようにするために、チャートとフードローテーション表を参考に食物アレルギー対応食のタンパク質(ダック・ベニソン・フィッシュ)、炭水化物(ポテト・スウィートポテト)を4週間から8週間与えて様子をみてください。かかりつけの獣医師と相談しながら実施をおすすめいたします。

※「食物除去試験」の注意点は、他の蛋白質及び炭水化物のアレルギー因子を取り除くために期間中はアレルギー対応食と水だけを与えてください。また途中で盗食やおやつも一切与えないようにして下さい。

今後も食物アレルギーを防ぐためには

食物アレルギーの症状が改善された後、より効果を得るためには3ヶ月~6ヶ月のペースでフードのローテーションすることをお勧めします。例えば、ウルトラプレミアムポテト&ダックからはじめた場合は、次にウルトラプレミアムスウィートポテト&ベニソン、次にウルトラプレミアムスウィートポテト&フィッシュという様にフードをローテーションしてください。
ヒトが食べれることを基準に、厳選された食材の中から1種類のプレミアム蛋白質と1種類のプレミアム炭水化物を使用して、アレルギー反応を防ぐアレルギー対応食です。
食物アレルギーの原因となる穀物類(白米・小麦・小麦グルテン・トウモロコシ)などを一切使用せずに作られていることを証明しています。
../products