あなたのすてきなパートナーに新快適生活を提案します。ナチュラルバランスのお知らせです。

ヘルシーサポートSUPPORT

活動量が少ない、シニアの食事へのニーズをサポートするための製品をご紹介します。ペットの活動量が少ない、またはシニアペットの食事ニーズは、性格と同じように、個性があります。 第一に、あなたのペットが肥満になる原因は、高齢化または活動量が減ることも可能性としてあげられます。ペットが健康な体重を維持するのをサポートするためには、低カロリーの食事が必要かもしれません。 あるいは、一部の高齢のペットは、消化能力の低下により体重および筋肉量を維持することが難しくなっているかもしれません。このような場合、さまざまな繊維やプレバイオティクスを含んだ良質で高カロリー、高タンパク質な食事が必要になります。 脳機能をサポートすることもシニアペットにとっては、重要です。オメガ3脂肪酸であるDHAを含む食事は、お勧めです。 ナチュラルバランスでは、全てのペットの健康をサポートする製品を開発することに専念しています。特定のフォーミュラに関する詳細や推奨事項については、FAQをご覧ください。
Q.シニア期のペットを飼っています。肥満ではないですが、低カロリー食に切り替えた方がいいですか?
A.健康的で太っていないシニア犬や猫は特別に食事に変える必要はありません。ナチュラルバランスのオールライフステージ対応食はあなたのペットのシニアまでの必要な栄養素がバランス良く含まれています。気になる要素がある場合は、ナチュラルバランスのリデュースカロリーフォーミュラやサプリメントを併用することをご提案致します。
Q.ペットが太ってきているのですが、どのような食事がお勧めですか?
A.シニア、または活動量の少ないペットには、肥満を避けるために決まった量を与えることをお勧め致します。置き餌などの食べ物をいつでも食べることができる状態で放置しないようにしてください。また、散歩などの定期的な運動は、筋肉を維持し健康な体重を維持するのにも役立ちます。

これらの対策がうまくいかない場合は、獣医師に相談し、リデュースカロリーや、ファットドッグ、ファットキャットなどの低カロリー製品に移行することを検討してください。また、移行する場合は、7-10日程かけて新しいフードを少量ずつ混ぜながら徐々に移行してください。
Q.シニアになってからペットが食べることへの関心が低下している気がします。フードを食べさせるいい方法はありますか?
A.食への関心の低下の原因にもよりますが、ペットの歯と歯茎の適切なケアは、歯の問題による食物摂取量の減少を防ぐのにも不可欠なことです。定期的に獣医にペットの歯をチェックしてもらうようにしてください。

また、ぬるま湯でドライフードを少しふやかしたり、他のペットや騒音から離れた、静かで落ち着く場所で食事を与えたり、フードを食べた時にペットをほめてあげることも方法としてあげられます。また、ウェットタイプのフードをまぜることや、ミルク等をすこしふりかけてあげることもお勧め致します。
Q.シニア期のペットの脳機能をサポートするために何かお勧めのものはありますか?
A.ナチュラルバランスのオリジナルウルトラホールボディヘルスドッグとキャットのフォーミュラには、シニア期のペットの脳機能をサポートするのに重要なオメガ3脂肪酸であるDHAがしっかりと配合されています。

関連商品