あなたのすてきなパートナーに新快適生活を提案します。ナチュラルバランスのお知らせです。

ヘルシーサポートSUPPORT

食生活の変化を迎えるペット全てをサポートする方法を学んで、新しい家族の到着を楽しんでください。 新しい子犬や子猫の到着を待つ時間はわくわくします。妊娠中または授乳中のペットや新しく誕生する子犬や子猫の食生活の変化をサポートすることで、新しく迎えるペットとより楽しく過ごすことができます。 妊娠中および授乳中に、猫と犬で時間や割合は異なりますが、ペットのエネルギー需要は大幅に増えます。妊娠中または授乳中のペットに与えるフードの量を調整することが大切です。 子犬や子猫の離乳時に、徐々に母親へのフードの量を減らすことができます。もちろん、子犬や子猫も、離乳時や成長していくにつれて、それぞれ食生活が変化することになります。 食事および給餌量の計画に関することは、FAQをご覧ください。
Q.ペットが妊娠したら食生活をどのように変えるべきですか?
A.妊娠中の犬のエネルギー需要は、妊娠期間の最後の2〜3週間で増加します。対照的に、猫のエネルギー需要は、妊娠してすぐにわずかに増加し、授乳量がピークに達するまで大幅に増加し続けます。これらの変更を調整するために、給餌量を通常の量の2〜4倍へと徐々に増やしてください。

また、妊娠したペットに胎児の成長と出産のための食事は全年齢対応食(オールライフステージ)を与えることもお勧めします。
Q.授乳中にペットにどれくらい餌を与えるべきですか?
A.生まれる子犬や子猫の大きさに応じて、授乳中の母親のエネルギー需要は、通常の量の4倍まで増加する可能性があります。あなたのペットがこの段階で必要なだけ多くの食べ物を摂取できるようにする必要があります。体重の変化や状況に合わせて調節することが理想的ですので獣医さんへの相談をお勧めいたします。
Q.離乳中や離乳後に母親にどれくらい餌を与えるべきですか?
A.母親に与える食事の量は、子犬や子猫の離乳時から徐々に減るべきです。離乳への移行が完了したら、肥満を避けるために、徐々に通常の量に戻しながら、一日に与える量を何度か小分けにしての調整されることをお勧めします。
Q.子犬や子猫には何を与えたら良いですか?
A.子犬や子猫には、オリジナルウルトラホールボディヘルスやゴートミルクをお勧めいたします。
Q.子犬や子猫はどのように離乳食へと切り替えたらいいでしょうか?
A.子犬と子猫は、離乳前(3~4週齢)に缶詰やふやかしたドライフードを少し与えてかじらせてみます。

離乳後の、肥満を避けるために小分けでの給餌をお勧めします。 生後6週間から6ヶ月間は、1日3回ほど、生後6ヶ月以降には、最低限1日2回フードを与えることをお勧め致します。
Q.子犬や子猫にはどれくらいの量のフードを与えればいいですか?
A.一歳未満の子犬と子猫は大人の必要な量の2~3倍程必要となることがあります。成長段階や避妊や去勢をすることで、徐々に量が減ります。

それぞれのフードの給餌量の目安をご参照ください。
Q.子犬や子猫の世話をする上での何か他にヒントはありますか?
A.新しく迎えたペットを動物病院に連れて行き、定期的に診察を受けるようにしてください。また、早い時期に定期的な歯磨きなどの口腔ケアに慣れるようにしてください。ペットの歯や歯茎は消化器系の一部であるため、これ習慣にすることはとても大切です。良好な口腔衛生を維持することは、彼らの生涯の健康維持に不可欠なものです。

そして、常に新鮮できれいな水が飲めるようにしてください。

関連商品